大気汚染 まとめ、原因や体の影響について

健康・美容

大気汚染 まとめ、原因や体の影響について
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?

大気汚染 まとめ、原因や体の影響について

■大気汚染の原因■
大気汚染は、私達が社会活動を行うことに伴って引き起こされます。その主な原因としては、工場などが生産活動を行う際に大気汚染物質が排出される場合と物流や人流など自動車の使用によって大気汚染物質が排出される場合があります。わが国では、1960年代から1980年代にかけて工場から大量の二酸化硫黄(SO2)等が排出され、工業地帯など工場が集中する地域を中心として著しい大気汚染が発生しました。続いて、大都市を中心に自動車特にディーゼル車から排出される二酸化窒素(NO2)及び浮遊粒子状物質(SPM)による大気汚染が問題となりました。これらの大気汚染物質は、呼吸器に望ましくない影響を与えるものとされています。

出典 http://www.erca.go.jp

大気汚染(たいきおせん)とは、大気中の微粒子や気体成分が増加して、人の健康や環境に悪影響をもたらすこと。人間の経済的・社会的な活動が主な原因である。自然に発生する砂嵐や山火事なども原因となるが、自然由来のものは大気汚染に含めない場合がある[1][2]。
国際エネルギー機関(IEA)によると、2016年現在、年間650万人が大気汚染により死亡している[3]。特に都市部を中心に汚染が悪化しており、経済協力開発機構(OECD)(2012年)は、2050年には大気汚染による死者が水質汚染による死者を上回って環境悪化による死者の最大の要因になるだろうと予測している[4]。
なお、大気汚染は主に屋外における大気の汚染を指す。室内における大気(空気)の汚染は「空気質(大気質)の汚染」「空気質(大気質)の悪化」などという。発展途上国では薪の利用が多い事などから屋外汚染よりも室内汚染の方がリスクが遥かに高いとされる一方[5]、都市部ではこれに都市化による屋外汚染が加わる形になっている[4]。薪などによる室内汚染による死者は、2016年時点で年間350万人である[6]。

出典 http://ja.wikipedia.org

■大気汚染と温暖化■
大気汚染は、空気中に有害な物質が放出されることで起こる環境問題の一つです。有害物質の多くは、石炭や石油などの化石燃料の燃焼によって生じたものです。火山活動によって生じる火山灰なども大気汚染の原因となります。

出典 http://chikyu-ondanka.com

「くればあ」という会社が製造しており、
夏場でも快適に過ごせるらしく
なんでも洗濯機で洗ってもOKという
すぐれものである。

ウィルスや菌。PM2.5対策マスクで
花粉などもカットしてくれるものである。

花や頬、顎などの隙間ができなく、
顔の形状にフィットした
「形状記憶ワイヤー」を使用しており、
個人個人にあったマスクになっている。



ちなみに、マスクをしていても
隙間があるものだと
そこからウイルスや菌が入ってきて
結局マスクをしている意味がないのである。

また、
静電気を発生させない特殊加工を施し
マスク自体に
ウィルスや菌の吸着しないようにしている。

防臭・防菌・防ウイルスという
高機能フィルターなのである。

出典 http://bit.ly

■大気汚染の生態系への影響■
大気汚染は人間に影響を与えるだけではなくて、自然環境にも悪影響を及ぼします。
大気汚染による被害を考える時には人間の体に関することだけではなく、自然環境への影響も考慮することはとても重要なことです。
自然環境が破壊されてしまうと、結果的に人間にも不利益が被るからです。
大気汚染が進むと空気を汚してしまいます。
それだけではなく、大気汚染の原因物質が雨の中に溶け込み地上に達することによって、土壌や水を汚染してしまうこともあります。
その結果、地上に住んでいる動植物に対して悪影響を及ぼしてしまうため、生態系が破壊されてしまうのです。
河川や森林、海などは大気汚染の影響をかなり受けやすい場所です。
自然環境の中に存在しているものは、人間も生活のために利用しているものが多いです。
大気汚染が進むと、安心して魚を食べたり、野菜を食べることができなくなってしまいます。
このように大気汚染は色々なものに対して影響を及ぼしてしまうため、早急に対策を考えなければいけません。
大気汚染によって一度破壊されてしまった自然環境は元の状態に戻すまでに時間がかかってしまいます。
手遅れな状態となる前に、大気汚染を食い止めることが大切です。
大気汚染にはどのような悪影響があるのかを理解すれば、大気汚染の対策に真剣に取り組みたいと思うようになります。
政府だけが考えればいいわけではなく、すべての人間がきちんと向き合って認識しなければいけない問題です。

出典 http://

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ